札幌市白石区の鍼灸(はりきゅう)整骨院|過敏性腸症候群(IBS),機能性ディスペプシア(FD),腰痛の治療
北郷通りはり灸整骨院

機能性ディスペプシア

 

 

機能性ディスペプシア(FD)ってどんな病気?

あまり聞きなじみのない「機能性ディスペプシア」という病気。

ディスペプシアとは腹部の不快感という意味で、痛みや、胃もたれなど幅広い腹部症状に当てはまり、機能性とつくことから、器質的(胃潰瘍や炎症など)な原因がなく、機能(消化や内臓の動き)が落ちたことで起きた腹部の不快感という意味の病名です。

 

機能性ディスペプシアの定義
症状の原因となる器質的、全身性、代謝性疾患がないのにもかかわらず、慢性的に心窩部痛や胃もたれなどの心窩部を中心とする腹部症状を呈する疾患

 

潜在的な患者数は多く、健康診断を受けた人(健診受診者)のうち11~17%、腹部症状で病院にかかった人(病院受診者)のうち44~53%に機能性ディスペプシアに該当することが分かっています。

 

そして、この病気の特徴の一つとして、内視鏡検査などで異常が見られないという特徴があります。

検査で炎症や潰瘍など異常がないにもかかわらず、胃の不快感、痛みが起こり、食事や生活に支障をきたします。

 

 

 

機能性ディスペプシアの原因

当院ではこれら3つの項目を重要と考えています。

複数の原因が重なっていることもあります。

 

1.腹部の緊張が強く、胃腸運動の妨げになっている

腹部を押した際に不快な感覚になる場所があります。

そこに常時圧が加わると不快感は消えません。
また、内臓は体の中に納まっていますから、周りの筋肉や関節が硬く動きづらいことで、胃腸自体の動きも妨げてしまいます。
身体の緊張を調整することで、内臓にかかる負担を改善します。

 

2.ストレスによる影響

脳と腸は互いに影響しあっています(脳腸相関)。ストレスを受け脳が腸に対し不要な刺激を送ることで、不快な症状が現れます。さらに、現れた症状がストレスとなり、それが脳に伝わる事で悪循環となってしまいます。

 

3.生活習慣のみだれ

睡眠不足や食事のかたより、過度なアルコール、タバコの摂取は胃腸に悪影響です。

 

 

鍼灸でお応えできること

鍼灸施術では原因1で上げた身体の緊張をとることを得意としています。

お腹の緊張がある場所に鍼をするのではなく、お腹の緊張を作ってしまっている原因に対して刺激することで、根本的なところにアプローチできるため、効果も持続します。

当院では「整動鍼」という施術法を取り入れています。この方法は、整動鍼独自のツボを使い、手足のツボから腹部の緊張を緩めることができます。

主に手足に鍼をしますが、お腹の反応を見て、その方にあったツボを使い施術します。

この腹部の反応を利用することで腹部の筋肉の緊張や血流の改善を促し、胃腸が正常に機能するようにアプローチいたします。

 

  • 011-875-9550
  • 地図
  • お問い合わせフォーム
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    2019年4月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    • 休診日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    【北海道】 札幌市白石区 厚別区 豊平区 清田区 中央区 北区 東区 手稲区 南区 江別市、北広島市、恵庭市、苫小牧市、南幌町、釧路市、
  • Twitter
  • お気に入り
  • LINEからでもご予約いただけます!
    LINEからでもご予約いただけます!
  • 整動協会
  • ツボネット
Twitter