札幌市白石区の鍼灸(はりきゅう)院|頭痛,過敏性腸症候群,腰痛,肩こりは鍼と整体専門の北郷通りはり灸整骨院へ
北郷通りはり灸整骨院

肘内障

肘内障とは?

肘内障とは1歳から5歳くらいまでの小さな子供に起こりやすもので、肘関節にある橈骨の先端(橈骨頭)が靭帯(橈骨輪状靭帯)から外れかかった状態を言います。(亜脱臼)

肘内障の原因とは?

この橈骨輪状靭帯は、輪投げの輪のような輪状をしており、子供の細い骨が引っ張られることで靭帯から抜けかけてしまうのです。

発生機序として多いのは、転びそうになった腕を引っ張った・または走っている子供の腕をつかみ引き寄せた際に起こりやすく、時には寝ていて腕が下になったまま寝返りした際などにも発生することがあります。

症状は?

症状としては、受傷した直後から、痛みで動かさなくなり、肘を少し曲げ、腕をだらりと下げ、手の甲を前に向けた前腕回内位をとります。

動かさないと痛みは少ない為、安静にしていると治ったような印象を持つこともあります。

自然に戻ることもありますが、多くは自力で治らない為、治療が必要です。

治療法は?

橈骨(前腕の外側の骨)がずれてしまっているため、元の位置に整復(骨を元に戻す事)する必要があります

この場合鍼治療ではなく、骨のずれを直接修正しなければなりません。

肘内障を整復するのは比較的簡単で、整復後には痛みもほとんどなくなることから、すぐ元の生活に戻れます。

一度肘内障になると、再発しやすくなることもある為、腕を強く引っ張らないよう気をつけましょう。

肘内障は小学校にあがるくらいになると骨が太くなり大人の骨格に近くなるため、発症しなくなります。

 

  • 011-875-9550
  • 地図
  • お問い合わせフォーム
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    2018年11月
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    • 休診日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    【北海道】
    札幌市白石区 厚別区 豊平区 清田区 中央区 北区 東区 手稲区 南区

    江別市、北広島市、苫小牧市、南幌町

  • お気に入り
  • LINEからでもご予約いただけます!
    LINEからでもご予約いただけます!