札幌市白石区の鍼灸(はりきゅう)院|頭痛,過敏性腸症候群,腰痛,肩こりは鍼と整体専門の北郷通りはり灸整骨院へ
北郷通りはり灸整骨院

過敏性腸症候群【便秘型】

過敏性腸症候群の便秘の特徴は腹痛を伴う便秘です。

腹痛があり、お腹も張り、便意があってもトイレに行くと思うように出ない苦しい状態です。これらの症状は慢性的に起こります。

 

過敏性腸症候群(IBS)便秘型は女性に多い傾向があります。

 

代表的な腹部の症状

●腹痛がある

●便が出ない、出そうなのに少ししか出ない

●お腹が張る

●残便感がある

●ガスがでる

 

 

便秘とは?

 

~一般的な便秘~

一般的に多くみられる便秘は、大腸の動きが悪くなったことが原因です。

腸の動きが悪い為、便が腸の中に長く留まり、その間に水分を吸収しすぎるため、便か硬くなります。

 

~過敏性腸症候群の便秘~

過敏性腸症候群(IBS)の便秘は、一般的な便秘とはパターンが異なります。

過敏性腸症候群(IBS)の便秘は、一般的なものとは逆に腸が動きすぎて起こります。

腸が過剰運動で腸内が狭くなって便が通りづらくなり、細切れになることもあります。

腸に停滞する時間が長くい為、水分の少ないコロコロした硬い便になります。

 

様々な検査でも原因を特定できない場合、「便秘型IBS」が疑われます。

 

 

 

便秘型IBSの原因

はっきりした原因は特定されていませんが、多くはこれらが関係していると言われています。

●ストレス

●食生活の影響(脂っこい食事、糖分の多い食事、アルコールなど)

●アレルギー
●生活リズムの乱れ

 

 

便秘型IBSの治療内容は?

 

治療をするうえで重要なことは、お腹や背中の硬さを見つける事です。

原因不明のお腹の症状は、腹部と腰背部の緊張による影響が大きい為、それらの緊張を和らげる事を目的に行います。

 

治療は鍼を使い、体幹部の緊張と関係する手足のツボを使います。お腹自体に鍼をすることはありません。

直接刺さない理由は、お腹の緊張はお腹がしたくてしている緊張ではないからです。

緊張している原因はお腹以外にあります、そこに対しての鍼をします。

 

~治療の流れ~

まず、問診票にご記入いただきます。

2回目以降の方は、その後の体の変化についてのチェックシートにご記入いただきます。

 

ご記入後、お着替えしていただます。(着替えは当院にて無料貸し出ししています)

 

その後、お腹の緊張、背中の緊張をチェックして、その緊張に関係する手足のツボに鍼をします。

鍼は多くても一回の治療で5本ほどです。

鍼が多いと、体がどの鍼に反応していいか分からず、効果が弱くなると考えています。

正確にツボを刺激することで、少ない鍼でも効果的な鍼をします。

 

 

再度、体の緊張をチェックし、緊張が残っていれば再度鍼をします。

 

再び身体をチェックし、緊張が緩んでいる事をご一緒に実感して頂き、その日の治療を終了します。

 

便秘型IBSはしつこい場合もある為、6回~10回ほど治療をさせて頂きます。

それより早く治る場合もあれば、もう少しかかる場合もあります。

ですが、6回ほど治療を継続して頂ければ、改善していることが実感して頂けると思います。

その後は、改善具合を見ながら相談して通院間隔を決めましょう。

 

当院では、良くなった後、患者さんが定期的に通いたいとお話にならない限り、こちらから定期的な通院をするようにお話しすることはありません。

 

必要な分だけの通院をご提案させていただきます。

 

 

 

  • 011-875-9550
  • 地図
  • お問い合わせフォーム
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    2018年8月
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    • 休診日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    【北海道】
    札幌市白石区 厚別区 豊平区 清田区 中央区 北区 東区 手稲区 南区

    江別市、北広島市、苫小牧市、南幌町

  • お気に入り
  • LINEからでもご予約いただけます!
    LINEからでもご予約いただけます!