札幌市白石区の鍼灸(はりきゅう)院|頭痛,過敏性腸症候群,腰痛,肩こりは鍼と整体専門の北郷通りはり灸整骨院へ
北郷通りはり灸整骨院

突発性難聴・耳鳴り

ある日、思い当たる原因もなく突然耳の聞こえが著しく落ちた。
それに伴い耳鳴りや、めまいなども併発した。

この様な場合は突発性難聴の可能性があります。

突発性難聴は早期の治療が大切です。病院の薬やステロイド注射などで効果が出ていない場合は、出来るだけ早い段階で鍼灸治療を選択することをおすすめします。

 

突発性難聴と耳鳴りの関係

突発性難聴の多くは耳鳴りを伴います。

理由は脳と耳の関係にあります。
音は空気の振動で鼓膜→耳小骨(耳の中の骨)→聴神経を介し脳に信号として送られます。

しかし、何かの影響で伝達が遮断されてしまうと、脳へ信号が伝わりません。

 

その際、前まで届いていた信号が突然なくなるので、脳は信号が「あるはず」と認識してしまいます。

その結果、脳が無いはずの音を作り出してしまったもの、それが「耳鳴り」です。

 

そのため、低下した聴力と同じ音域の耳鳴りが生じることが多いのです。

 

突発性難聴の原因

まだ医学的に原因がはっきりしているわけではありませんが、ウイルス感染や、血液循環障害と言われています。

有力なのは耳への血液の循環が悪くなったことによって耳の内耳(ないじ)に十分に栄養がいかなくなり、やがて聞こえなくなるという説です。

内耳は聴力以外に平衡感覚にも重要な働きをしているため、めまいや吐き気を伴う場合もあります。

内耳の血流が悪くなる原因はストレスや疲労、睡眠不足など様々言われていますが、症状を抱える方に多く共通していることは首や肩、耳周りや背部のコリです。

この緊張状態を緩和することで、内耳の血流をよくすることが出来れば改善が見込めます。

 

このようなお悩みや症状に

・薬を飲んでいるが効果がでない
・聴力がある程度回復したがいまひとつだ
・耳の奧につまった感じがある(こもり・閉塞感)
・耳の周辺に違和感がある(重さ・圧迫感・冷感)
・聴力は戻ったが耳鳴りが治まらない
・声や物音が響くように聞こえる
・糖尿病でステロイドの治療ができない
・高気圧酸素療法を行っても効果がない
・再発が心配で予防できる方法を探している
・ストレスを感じると耳鳴りが強くなる
・めまいがする

病院での治療法

抗生物質やビタミン剤、高圧酸素療法 、血液の流れをよくする薬、ステロイド等を処方します。ステロイドは点滴と飲み薬がありますが、それでも効果が出ない場合は鼓膜の中に直接ステロイドを入れることもあります。

またステロイドは血糖値が上がるので、糖尿病の方には使えません。

 

鍼治療をお勧めする理由

鍼治療は血流の改善を得意とします。
突発性難聴は耳周辺の血流が極端に悪化し、耳周辺の組織や細胞に必要な酸素と栄養素が十分に届かなくなったことで、全体もしくは一部が仮死状態になっていると考えられます。
一時的な血行不良であれば、血行が回復すれば聴力は元通りになります。しかし、血行不良が何日も続いてしまった場合は簡単に戻りません。血行を改善させ、その良い状態を保ちつつ聴力の回復を待つしかありません。

突発性難聴において血流改善を得意とする鍼治療は特別です。他の療法では得ることができない局所的な血流改善効果が期待できるからです。ツボの作用を利用することで、耳の奧を含む周辺の血流を集中的に改善させることができます。
聴力に関わる部分だけに効果を集中させることで、改善を狙います。

治療内容

1.耳の周りに鍼をしない

一般的な突発性難聴・耳鳴りを治療する鍼灸院では、耳そのものや周囲に鍼をすることで、血流改善を促すことが多いです。

こうした方法にも効果がありますが、当院では「耳の周りに鍼をする方法」の限界を超えるため、さまざまな工夫を行っています。

当院では、耳周囲にこだわらず、全身から耳に効果のあるツボを探します。

耳周辺のツボだけでは得られない効果を積極的に求めていきます。

2.顎関節(あごの関節)を調整する

山や飛行機など、高い所に行くと耳に違和感が出ることがあります。その際に口を大きく開けると違和感は改善されます。

これは顎を動かすことで耳の中の圧が変化したからです。それだけ耳の環境を改善するためには顎関節を調整することが重要です。顎関節は多くの筋肉とかかわりがある為、顎を緩めるためには、全身の筋肉の緊張を調整する必要があります。

3.首こり・肩こりを改善する

突発性難聴や耳鳴りには、首の筋肉や肩周りの筋肉も関係しています。

こっている場所に直接鍼をしても、一時的な効果でとどまってしまう場合もある為、首・肩のこりを全身の筋肉を調整することで改善します。

4.オージオグラムを参考にしながら行う

当院では、聴力検査(オージオグラム)を参考にしながら、病状を客観的に判断しています。オージオグラムの読み方を確認し、聴力と耳鳴りの関係も説明します。

鍼治療を開始した後は、2週間に1回程度のペースで聴力を検査し、症状と照らし合わながら治療を進めていきます。

治療回数・期間の目安

突発性難聴は早期の治療が大切です。

 

治療を開始するのが早ければ改善する確率も高くなりますが、3か月を超えてからの治療では改善が難しい場合があります。

 

聴力は落ちる時は一瞬ですが、回復には時間がかかります。適切な治療を行ったとしても、聴力の戻り方はゆっくりですから、中長期的な治療計画が必要です。
突発性難聴では週2回から3回の治療を行います。

軽微な症状では3回程度で完全に回復する例もありますが、多くの場合は5回以上の施術を必要とします。治療期間は1~3ヶ月です。

耳鳴り単独の症状は週1~2回の通院が必要です。3~5回の施術で改善の兆しが表れた場合は、継続すると改善を見込めます。

 

早期の治療が大切になりますので、お早めにご連絡ください。

  • 011-875-9550
  • 地図
  • お問い合わせフォーム
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    2018年8月
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    • 休診日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    【北海道】
    札幌市白石区 厚別区 豊平区 清田区 中央区 北区 東区 手稲区 南区

    江別市、北広島市、苫小牧市、南幌町

  • お気に入り
  • LINEからでもご予約いただけます!
    LINEからでもご予約いただけます!