札幌市白石区の鍼灸(はりきゅう)院|頭痛,過敏性腸症候群,腰痛,肩こりは鍼と整体専門の北郷通りはり灸整骨院へ
北郷通りはり灸整骨院

過敏性腸症候群【下痢型】

過敏性腸症候群の中でも一番つらいと言われるのがこの下痢型です。

このタイプは症状も強く、突然の腹痛・便意でトイレに駆け込む様な辛い症状です。

社会人なら通勤時や会議中、学生なら通学時や授業中など、すぐにトイレに行けない状況に不安を感じ、仕事や学校を辞めてしまう事もあるほどです。

下痢型は特に、男性に多い傾向があります。

 

主な症状

腹部の症状

腹部の痛み、腹部の張り、突然の便意、不快感、お腹がゴロゴロなる、残便感

 

身体全体の症状

不眠、不安感、抑うつ
頭痛、頭重感、疲労感、めまい、背部痛、肩こり
吐き気、嘔吐、食欲不振

 

 

 

下痢とはなに?なぜ起きるのか?

 

下痢とは、腸の運動(蠕動運動)が過剰に行われ、内容物が必要以上に早く通過したり、腸粘膜からの分泌が増えたりすることで、腸で水分を十分に吸収できなくなり、水分の多い便が排泄される現象です。

 

下痢の原因は?

一般的な下痢の原因は?

●細菌やウイルスの感染による腸炎
●牛乳不耐症(乳糖不耐症)

●食あたり・・・腐ったもの、生もの、油分の多い物、刺激物、糖分の多い物、普段食べないものを食べた

●水あたり・・・水分の摂りすぎ、旅行先に水を飲んだ、アルコールを飲んだ

●ストレス

●潰瘍性大腸炎・クローン病・大腸がんなどの病気

 

 

検査でも原因を特定できない場合、「下痢型IBS」が疑われます。

 

下痢型IBSの原因

 

●ストレス

●細菌やウイルスの感染による腸炎
●食生活の影響

●アレルギー
●生活リズムの乱れ

 

また、排便によってその症状が軽減することもIBSの特徴です。

 

 

下痢型IBSの治療内容は?

 

治療をするうえで重要なことは、お腹や背中の硬さを見つける事です。

原因不明のお腹の症状は、腹部と腰背部の緊張による影響が大きい為、それらの緊張を和らげる事を目的に行います。

 

治療は鍼を使い、体幹部の緊張と関係する手足のツボを使います。お腹自体に鍼をすることはありません。

直接刺さない理由は、お腹の緊張はお腹がしたくてしている緊張ではないからです。

緊張している原因はお腹以外にあります、そこに対しての鍼をします。

 

~治療の流れ~

まず、問診票にご記入いただきます。

2回目以降の方は、その後の体の変化についてのチェックシートにご記入いただきます。

 

ご記入後、お着替えしていただます。(着替えは当院にて無料貸し出ししています)

 

 

その後、お腹の緊張、背中の緊張をチェックして、その緊張に関係する手足のツボに鍼をします。

鍼は多くても一回の治療で5本ほどです。

鍼が多いと、体がどの鍼に反応していいか分からず、効果が弱くなると考えています。

正確にツボを刺激することで、少ない鍼でも効果的な鍼をします。

 

 

再度、体の緊張をチェックし、緊張が残っていれば再度鍼をします。

 

再び身体をチェックし、緊張が緩んでいる事をご一緒に実感して頂き、その日の治療を終了します。

 

下痢型IBSは5回ほどの治療で改善していることが実感して頂けると思います。

その後は、改善具合を見ながら相談して通院間隔を決めましょう。

 

当院では、良くなった後、患者さんが定期的に通いたいとお話にならない限り、こちらから定期的な通院をするようにお話しすることはありません。

 

必要な分だけの通院をご提案させていただきます。

 

 

  • 011-875-9550
  • 地図
  • お問い合わせフォーム
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    2018年10月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    • 休診日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    【北海道】
    札幌市白石区 厚別区 豊平区 清田区 中央区 北区 東区 手稲区 南区

    江別市、北広島市、苫小牧市、南幌町

  • お気に入り
  • LINEからでもご予約いただけます!
    LINEからでもご予約いただけます!